オタクと節約とダイエットと私

おたく活動するに削るのは食費と服

ファンレターについて

仕事中にブログ更新すなって感じですが(仕事中です)

仕事暇すぎてブログ書く事くらいしかやることがないので()手紙についても一度書きたかったので、

しばらく書く予定もないのでこの機会に書く事にした。

 

使用するレターセットはキャラクター物でいつも同じキャラクターの物を使用してましたが(大昔に買って余ってた物)

年々売ってる種類が減ってるので、今使ってる物が無くなったらどうしようか悩み中です。

とりあえず推しに合わせた宛名シールでも自作しようかな、と模索中。

 

枚数は3枚基準。2推しには3枚以上書かないようにしてます、引かれそうなので。

最推しはおたくポエムも受け止めてくれるという謎の信頼があるので(迷惑な話だな)書きたいだけ書く(ゆうて過去最大7枚)

文章が堅苦しくならないように語尾に絵文字っぽいのも書きます。キラキラみたいなやつ。

下書きはしないけど書く事は大体決めてから書く。よく字を間違えるのでフリクションです。

なんなら数年後、勝手に消えて証拠隠滅してほしい。

 

書き出しは

〇〇さん(〇〇くん)へ

〇〇さんこんにちは、☆☆(自分の名前)です。△△(直近の現場や配信など)お疲れ様でした!~からの感想か、ついに△△(その日の現場)ですね!楽しみにしてました!といった感じで始まります。

 

基本的にネガティブな事は書きません。ひたすら褒めるか自分が感じた事を書きます。

自分が貰ったら嬉しい言葉をイメージします。

もしどうしても言葉選びが上手く出来ずに失礼にあたるかな?と思う時は

一言「失礼だったらすみません」や「上手く言えなくてすみません」等を

付け加えるかな(滅多にしないけど)

 

舞台の感想なら脚本と演出に少し触れて、あとはお芝居について好きと思った事をひたすら書きます。

とにかくお芝居を観に来てると思われるように書いてます。

補足で共演者さんやキャラクターとの関係性や絡みで好きな所とかも書きます。

この感想が手紙の6割くらいを占めます。

 

見た目はあまり褒めません。かっこいいなんて言われ慣れてると思うので。

容姿を褒める時は、「スタイルが良いので細身の衣装が似合いますね」とか

「茶髪の〇〇くんが特に好きなので見れて嬉しいです」とか具体的に好きな所を伝えてます。

でもたまに脳みそからっぽにして「本当にかっこよかったです!!」とかも書く。

(実際は顔を見に来るだけで充分だとは思いますが、認知厨なのでより好印象を与えたい)

 

あとは会えるのを楽しみにしてた事とか、いつもツイッターの更新ありがとうございますとか、

体調に気を付けて頑張って下さいとか気遣いの言葉を足して締めます。

結びの言葉が決まってないので決めたいけど、いつも気分だし便箋のスペースが無くなって突然終わることもある()

 

書く頻度は出席確認も兼ねてるので毎回。(2推しは引きそうなのでたまに空ける)マチソワある日は一通。

2人とも、受取報告や読みました報告があったりするので気が抜けない。

あとやっぱり読んでるなと感じる時があるので伝えられるうちは伝えたい。

 

読んでくれてると思うと書くのも捗るし嬉しいですよね。

これもいつかブログに書きたいと思ってるんですが、バンギャ時代のオキニ経験談

私がこの人のオキニになれたのも手紙だったんですよね。

あと某クリエイターに気に入られた話とかもあるけどこれも言葉だったな。最終的には切ったけど。

結局推しに好かれるかどうかって見た目は二の次なんじゃないかな、と思う。

(最低限の清潔感やマナーは必要だと思うけど)

もちろん良いに越した事はないけど、別に彼らもファンの中から彼女探すために芸能人してるわけじゃないし

やっぱり誠実で真摯に応援してくれる(現場に来てくれる)方が好かれる気がするので。

 

上記の某クリエイターが昔アンチに叩かれて()

「ファンは作家を選べるけど、作家はファンを選べない」って

日記に書いた事があってショックで号泣したんですよね。

だからこれまでの経験を活かして、今の推しさん達にもせめて「こいつがファンで良かった」って

思ってもらえるようなファンになりたいなぁと思っていつも手紙を書いてます。

 

ましまろ置きたいけどツイッターアカウントが必要なんですよね。

困った。使ってない垢で作ったら貼りに来ます。